教授挨拶

平成22年3月から佛淵孝夫教授に次いで3代目の教授として佐賀大学整形外科を担当している馬渡 正明(まわたり まさあき)です。

整形外科は骨や関節、靭帯、腱、神経、筋肉などの運動器に関する外傷や疾患に対する診療や教育研究を専門とする科です。

直接生命にかかわる疾患や外傷を対象にすることは少ない科ですが、人間の基本的な運動機能である立つ、歩く、物を持つなどを通して、患者さんの生活の質( Quality of Life; QOL)の維持と獲得に欠かせない科です。

プロフィール

<学歴および経歴>
昭和58年3月
九州大学医学部卒業
昭和58年5月
九州大学医学部整形外科学講座入局
九州大学医学部付属病院研修医
昭和59年4月
九州大学大学院医学研究科外科系専攻入学
昭和63年3月
九州大学大学院医学研究科外科系専攻修了
昭和63年4月
日本学術振興会特別研究員
平成 3年9月
米国スタンフォード大学研究員(整形外科学) 
平成 6年6月
九州大学医学部整形外科助手
平成 9年7月
九州大学医学部講師
平成 9年12月
福岡整形外科医長
平成17年1月 
佐賀大学医学部人工関節学講座助教授
平成18年4月 
佐賀大学医学部整形外科助教授
平成19年4月
佐賀大学医学部整形外科准教授
平成22年3月
佐賀大学医学部整形外科教授(現職)
平成24年4月
佐賀大学医学部附属病院 病院長特別補佐(業務改善担当)
平成26年4月
佐賀大学医学部附属病院 副病院長(現職・兼務)
<所属学会>

日本整形外科学会(代議員)、日本股関節学会(評議員)、西日本整形外科災害外科学会(評議員)、
日本人工関節外科学会、日本臨床バイオメカニクス学会、など

<賞罰>
  • 日本学術振興会特別研究員(昭和63年より2年間)
  • 第1回日本軟骨代謝学会賞(平成7年)
PAGETOP