人工関節学講座

1.人工関節学講座設置について

平成17年1月より寄附講座「人工関節学講座」がスタートする運びとなりました。寄附講座とは法人あるいは個人の寄付により大学に研究や教育などを行う講座を設置することです。寄付はいったん大学(国立大学であれば国庫)に納められ、そこから人件費を含めた研究費などが支払われます。この際寄付した法人あるいは個人の名前を付けても構いません。例えば私が寄付すれば佛淵股関節学講座を作ることも出来ます。(私の場合、大学を辞めて何かの事業で成功しない限り出来ませんが・・・。)いずれにしても何かはっきりした目的のために出来る講座で、同じ税金に取られるならば・・と、欧米では盛んに行われている制度です。わが国でも旧国立大学を中心に医学や工学などの分野で数多くの寄付講座が作られるようになって来ました。
今回の「人工関節学講座」は(株)日本メディカルマテリアル( JMM:京セラと神戸製鋼が出資した会社で、日本最大の人工関節メーカー)のご好意により実現したものです。人工関節に関する寄附講座はわが国の整形外科では初めてのものです。目的は「和式の生活に対応できる人工関節の開発」であり、助教授1名、助手2名のスタッフ人件費と研究費が寄付によって運営されます。この講座の設置により、これまで佐賀大学理工学部や他大学、企業などと構築してきた「人工関節プロジェクト」が名実ともに日本最大の研究グループになりました。
一応3年間の期限付きではありますが、研究はもちろんのこと手術件数が増加している病院での活躍が期待されます。この講座の助教授ポストには九州大学時代15年以上にわたって私と診療や研究をともにした馬渡正明先生(鹿島高校卒、現福岡整形外科)が就任することになりました。馬渡先生は全国でもトップクラスの技術と手術件数を誇る股関節外科医です。既に福岡県から馬渡先生の手術予約が入っています。
股関節と並んで人工関節手術の多い膝関節は最近では年間100件余です。これまでは伊藤純先生一人では大変でしたので私も膝の手術をさせていただいていましたが、現在多久市立病院に勤務中の井手衆也先生が今年から大学に帰って来ました。これからは私自身は股関節に専念できそうです。このように股関節も膝関節も手術スタッフが充実してきました。さらに園畑先生も加わりましたが、その一方で重松先生は更なる飛躍を目指して、全国屈指の整形外科病院であります北海道の「えにわ」病院に本年6月から1年間の予定で武者修行に出かける予定です。

2.人工関節の手術室が増えます

これまでの念願でありました人工関節手術が可能なクリーンルームがもう一室完成予定です。皆様ご存知のように人工関節手術は感染が大きな問題です。つまり人工関節という「異物」が体内に入りますので化膿しやすく、また一旦化膿するとなかなか治り難くなります。そこで人工関節手術は病原菌の少ないきれいな手術室で行う必要があります。クリーンルームというのは普通の手術室より約100倍きれいな部屋だと考えてよいと思います。佐賀大学にはこれまでクリーンルームが1室しかありませんでしたが、今後は2室使えるようになります。3月中には完成予定とのことです。ちなみに、佐賀大学以外に年間500件以上手術を行っているのは、全国では先のえにわ病院と沖縄の豊見城中央病院の3つですが、佐賀大学以外の病院にはクリーンルームが4室あります。
これまで8か月待ちの患者さんにもう少し早く対処できる予定です。これで私自身の責任と多忙さが少しは緩和するのではないかと期待しています。

3.アジアのセンターを目指して

後述の資料でもお分かりのように佐賀大学は大学病院としては第位の日大板橋病院に比べて約2倍の手術件数で全国ダントツ1位の病院です。このように佐賀大学病院は既にわが国の人工関節のセンター、あるいはメッカとなっていますが、今後はアジアにおける人工関節のセンターを目指し、近隣アジア諸国からの研修を受け入れる予定です。
その為には単に手術件数だけでなく、より高性能の人工関節の開発、より患者さんに優しい診療システムを目指したいと考えています。そしてその成果が国内はもとより海外でも役に立てば幸いです。

<合併症対策やQOL評価を含めた深屈曲対応型人工膝関節の実用化に関する研究>
PAGETOP